看護師の新たな働き方を実現できる職場

共働き世帯がますます増えている現代では、子供を保育園に預けることが一般的です。しかし、病気の子供を保育園では預かって貰えないということが最大の難点になっています。

そんななか注目を集めているのが、病後児保育所という施設です。ここでは病中や病後の回復期の子供を預かり保育や看護ケアを実施しているため、仕事を休めない保護者にとっては大変心強い存在と言えるでしょう。
病後児保育所は保育園や診療所などの医療機関に併設されていて、保育士のほか看護師が常駐しています。

この施設で働く看護師は、主に病中や病後回復期の子供を対象に、投薬などの看護ケアを行っています。普段病中・病後の子供がいない場合でも、子供たちを観察しながら異変が生じてないかをチェックしています。
病中の子供の場合、施設内での看護ケアのほか、適切な病院に連れて行ったり保護者に自宅でのケアの方法などのアドバイスを行ったりするのも看護師の仕事です。

病院勤務と違って多くは夜勤がないので、日中のみのシフトで仕事に取り組めます。そのため、仕事と育児の両立をしている看護師やプライベートを大切にしたい看護師にとって働きやすい環境になっています。
まだまだ保育施設は不足しており育児と仕事の両立にはさまざまな問題がありますが、病後児保育所では経験豊かな看護師や医師をはじめ、保育士や栄養士が連携することで適切な保育サービスを提供し、働く保護者をサポートしています。
病後児保育所は、病院とは違う新たな働き方を実現したい看護師に最適な職場と言えるでしょう。